ハナマリンのいろは詩

日々のことを綴って行きます


スポンサーサイト

  1. --/--/--(--) --:--:--..
  2. スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

  1. 2011/06/20(月) 17:00:00..
  2. おもうこと
  3. .. トラックバック:0
  4. .. コメント:0


母がいきなり「月って不思議やとおもわん?」と言いだした。

月は一つしかないのに 世界のどこに居ても月が見えるから…らしい

何事にも超現実的な 母が言いますので驚きました…

みな 考えていることは 同じなのね

こう言う話を もっと早くに(わたしが子供の時にでも)してくれていたならば

母の 違う一面が見れたのでしょうね









母と言う存在も 人間なのですね

子供を産んだ瞬間から 母は母になるのではなく

生まれた子供に母の修業をさせられるのです

そこには
苦しみ 迷い 戸惑い 悲しみ 孤独 が 付きまといます

『神は乗り越えられるものしか与えない』(微妙に言葉が違いますが…)と…

よく聞きます

その言葉を信じて

生きていかねばなりません


むかし「苦しみは皆平等に与えられる って言うけど わたしはそう思わない」と言った知人がいました

わたしは その時 なんと答えたら良いのか 返答に困りました…

それは

わたしも実感として感じていたから…

その方は その後御主人の転勤で北海道に行かれました


今日も 空には ぽっかりと 白いお月さまが浮かんでいます


スポンサーサイト
<<おもしろい~ .. BLOG TOP .. タイトルなし>>

comment


 管理者にだけ表示を許可する
 


trackback


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。