ハナマリンのいろは詩

日々のことを綴って行きます


スポンサーサイト

  1. --/--/--(--) --:--:--..
  2. スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

夜桜…清水寺

  1. 2011/04/24(日) 17:55:07..
  2. .. トラックバック:0
  3. .. コメント:2
 夜桜を見に 清水寺へと出かけた

京都は たくさんの 人ひとヒト…わたくし、人込みはニガテ

しか~し 京都は日本人の心のふるさとだ (と、勝手に思っているわたくし)

清水寺へ参る前に まずは腹ごしらえ

お店いっぱいの人 よく分からないけれど…有名なお店(たくさんの人で賑わっています。予約していたのに ずいぶん待ちました)

しかし 待っていても飽きない景色…きれいだったよ 京都 湯豆腐店 ピンボケだ~カナシ~

(気を取り直して) 上を見たり京都 店の前 空  きれいなsoraね…ずっと見ていたいね

ときには      下を見たり京都 店待ち時間で 足元を照らしてくれる明り ホッとする暖かさ



 さてさて やっと 夕ご飯です

湯豆腐で有名みたいですね~(泊まるところ・食事 など すべて妹が手配をしてくれるので わたくしは着いて行くだけ…)

京都 大人用 京都 お子様用 左:大人用 右:子供用(一人前に前菜がある かわゆいね)

莠ャ驛ス+028_convert_20110424112156 湯葉のおさしみと茶碗蒸し (さいこ~にオイシイ 薄味でとても上品なお味だわ)

その後も たくさんのお料理をいただき…いざ!清水寺へ


清水寺 正面はぁ~嫌になるくらいの人・ひと・ヒト

 桜…ん?…もう散ってしまったか? 桜を探しているのに 妹たちが行くよ~と先頭切って向かった先が

 これ 胎 梵字 うわ~これは

有名な『胎内めぐり』ではないか!

やばいやばい わたし…絶対にムリムリムリ…

そんな私を引きずるように 妹たちは進んでいく…仕方がない…決心を固め 両手に子供たちの手を握り締めながら進んだ

が ほんと~にホントに 真っ暗 半端じゃない

 パニックになりそうな私に 母が一言 「目をつむっとき!!!」…あ~なるほど!!! 目を開けていても 閉じていても 同じ  では 目を閉じておこう その間に時は過ぎる

 ずっと進んでいくと…胎とゆう意味の 梵字が浮かび上がってくる

真っ暗な中に 胎(母の胎内)…ホッとする 更に進むと 出口 更にホッと感が増す

 胎児が真っ暗な中を通り この世に誕生する道のりをあらわしている 暗いくらい中で五感を研ぎすませ 人は何を想うのか? 感じるのか? を問われます。

 私は やはり『母』なので…子供たちが このような体験をして私に会いに来てくれたのだと 泣きそうになった が たくさんの人がいたので さすがにグッと堪えたよ。

とても良い体験をした…清水寺へ行かれたならば ぜひとも体験を



          まだまだ 続きます では 今日はこのへんで
スポンサーサイト
<<清水寺から貴船神社へ .. BLOG TOP .. 桜が好きな理由>>

comment

No title

  1. 2011/04/24(日) 22:29:42 ..
  2. URL ..
  3. ロンママ
  4. [ 編集 ]
いいですねーおばあちゃんが病気になってからはなかなか旅行にも行けません
行けるようになったら、清水寺、行きます!

ロンママさんへ

  1. 2011/04/25(月) 17:53:46 ..
  2. URL ..
  3. まりまり
  4. [ 編集 ]
そうですね 我が家は 母がまだまだ元気なうちに…と 母のためにあちらこちらと出かけています。

ロンママさんも行けるようになったら ぜひとも『胎内めぐり』してみてください。

ロンママさんなら きっと何かを感じ取れると思います。

 管理者にだけ表示を許可する
 


trackback


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。