ハナマリンのいろは詩

日々のことを綴って行きます


スポンサーサイト

  1. --/--/--(--) --:--:--..
  2. スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

きれいな海

  1. 2011/04/14(木) 00:39:32..
  2. 未分類
  3. .. トラックバック:0
  4. .. コメント:0
とても美しい海

朝日が昇ってくるところ
辺りは 朝日の光でオレンジ色に染まっている

たくさんの海鳥が飛んでいる

とても爽やかな風が吹いている…が…荒々しく なま暖かいのに冷たい風である(矛盾)

ピンと張りつめている


爽やかだのに 遠くの空は薄暗く だんだんと台風が近づいてくる風に変わっていく感じが 手に取るようにわかる

何だろう この感じ

とても懐かしい どこかで感じた…どこで?…思い出せない…

海の波がいっそう荒くなる

他に誰も居ない…私だけ

私は 今から 独りで行かなければならない

何故? 私だけ? 何処へ?

今 私がいる所は どこかの島みたい…それは わかる。

この島は とても狭く 息苦しい感じ

でも なぜか そんな島にたくさんの人が住みたがっている

私も そのうちの1人…みたい

誰かに連れられて進んでいく…独りで行かねばならない…不安…孤独感が襲ってくる


と ゆう夢をみた


夢占いってあるよね。

夢占いが出来る人に占っていただきたい気分(笑)

私は 真夏に産まれたけれど その日は 台風が近づいていたらしい

だからと言うわけではないが 私は そのことを知る以前から 台風が近づいてくる時の『風』が

幼いときから好きです。


スピリチュアル(?)な話をすれば この夢は 私が産まれる時の出来事?…と 思ってしまう(笑)

どこかの島…は 日本のこと?

狭い のに 皆が住みたがっている…まさしく 日本ではないか?(笑)

しかも朝日…とゆうことは、朝だよね?

私は午前10時に産まれました

しかも…海鳥…私は海が近くにある病院で産まれました

まぁ 何とゆう偶然(笑)


以上の話は スピリチュアル的な内容なので…人によっては受け入れてもらえないかもしれないね

でも 何とも生々しく不思議な夢を久しぶりに見たので『記録』として記しておこうと思う。


ちなみに 私の長女は 五歳の時 「ママのお腹の中にいたとき 真っ暗であたたかくて 気持ち良かったから おしっこしてもた〜! それで 何かにあったたからいらったら プニプニしてた〜(たぶん胎盤のことかな?)」

と いきなり話し出したのには 驚きました!

9才になった今では 以上のことを話したことすら本人は忘れていますが(笑)

このことも併せて『記録』しておこう。

ちょっとした不思議体験でした(^^)

スポンサーサイト
<<ねむい… .. BLOG TOP .. 書写山>>

comment


 管理者にだけ表示を許可する
 


trackback


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。